ママの綺麗クリニック

ネイルケア

爪というのは、皮膚が硬化して出来ていてケラチンがその成分です。
これは、たんぱく質の中の1つになります。
骨格細胞を作るのが、ケラチンの働きです。
爪の硬さは、水分によります。
水分が多いと、爪の硬さはやわらかくなるんです。
ですから、手入れの前にやわらかくしたいときは、入浴をすると良いです。
やわらかくなれば、ケアもしやすいと思います。ケアの方法として、まず、爪の長さを好みの長さに整えて切ります。
そしてやすりで、爪先を整えます。これが、一般的な方法になります。
やわらかくしないで切ると、爪を傷めやすいです。
これは爪の構造のせいかもしれません。
爪というのは、いくつかの断層からできています。
この層に圧力をかけて、亀裂を生むことで、切ることになりますので
切りやすいようにやわらかくしてから行う方が良いです。
爪の水分、油分を守ることが必要でからハンドクリームも保湿成分がある方がいいでしょう。